原付のナンバー取得に必要なもの、届け先は?

原付のナンバー取得に必要な物は?届け先は? 前回説明したナンバー自分で取りにって節約しましょうというお話ですが、 では具体的にどうしたら取れるのか、また何が必要なのか確認してみましょう。

 

 

スポンサーリンク

原付のナンバー取得の届け先は?

まず、原付のナンバーはバイクの所有者の住民票がある自治体の役所で発行してもらえます。

 

東京都の港区に住民票がある方は港区役所で発行してもらえる訳です。

 

役所によっては住民票は別(A市)のところにあるけど、生活はここ(B市)でしてるなら B市で生活してる証拠があれば、B市のナンバーを発行してあげるよという役所もあります。

※A,Bは適当な自治体

 

そういうところは電気代とかガス代とかの支払い明細なんかを持ってくとOKだしてくれます(必ず前もって役所に確認して下さい)。

 

忙しくて転出転入届けが出せていないけど、原付が仕事で至急必要!なんていう方も いるかと思いますので役所に相談してみて下さい。

 

ナンバーを取るときは税務課へ

 

ナンバー発行の届出を出すのは税務課(市民税課)になります。

 

市区町村民税とか自動車税とか取り扱っている窓口ですね。

 

ここで標識交付申請書なる書類がもらえますので、 標識交付申請書に必要事項を記入して問題が無ければナンバーを出してもらえます。

 

最近はインターネットで標識交付申請書をダウンロードできる自治体も増えていますので一度検索してみて下さい。

 

○○市役所 税務課 などで調べると出てくるかと思います。

 

 

原付のナンバー取得に必要な書類は?

 

ナンバー発行にはそのバイクが一体誰から譲渡されたのかということを証明できるものが必要になります。

 

その辺から拾ってきたバイクにナンバーは出してくれないということですね。

 

例えばお知り合いからバイクを譲ってもらった場合

 

①元々その知り合いのバイクであったという証明が必要です。

②さらにその方が自分に譲ってくれたよという証明が必要です。

 

①の証明書は標識返納書(廃車証)という書類になります。

 

これは同じ税務課窓口(もちろん知り合いの方がナンバーを取った窓口)で 標識返納書という書類を書いてナンバーを返納すると発行してもらえる書類になります。

※ナンバー無しでも理由があればOKです。

 

つまり、前の所有者が廃車しておかないといけないということですね。

 

②の証明書は①の廃車証についている、譲渡書という部分が必要になります。

 

譲渡書の譲渡人、譲受人の欄に記入すると、バイクを譲渡してもらったよーという証拠になります。

 

お店でバイクを買った場合

 

譲渡書はお知り合いや、個人売買などでナンバーを発行するときに必要な書類ですが、 お店で購入する場合は、この店で買ったよという証明が必要になります。

 

これを販売証明書といいます。

 

お店で購入する際にナンバーは自分で取るよという事を伝えて販売証明書を作ってもらいましょう。

 

この販売証明書に幾らか料金をとるお店も多いですね最近は・・・。

 

通販なんかでバイクを買おうとするとナンバーは取りにいけないので、 代わりに販売証明書代を請求するとこも多いです。

 

あと印鑑が必要なので用意しましょう(三文判でOKです)。

 

『まとめ:原付のナンバー取得に必要なもの』

 

・個人売買、知り合いからの譲渡であれば「廃車証・譲渡証」(著名と印鑑が押してあること)

・お店で買う場合は『販売証明書』(新車でも中古車でも同じです)

・自分の印鑑

・代理でナンバー取りに行く場合は委任状・身分証明書

 

『まとめ:原付のナンバーの取り方、場所』

 

①自分の住民票のある自治体の役所の税務課へ行く

②標識交付申請書をもらう

③必要事項を記入する(住所、氏名、電話番号、生年月日、車台番号(販売証明書・廃車証に書いてあります)、認定番号(販売証明書・廃車証に書いてあります)、車名(販売証明書・廃車証に書いてあります)、排気量(販売証明書・廃車証に書いてあります)など)

④廃車証・譲渡証と一緒に標識交付申請書を提出する。

⑤OKならナンバーと標識交付証明書をもらえます!お金は掛かりません!お疲れ様でした!

 

役所は基本的に平日営業なのでなかなか難しいかもしれませんが、 5,000円~10,000円くらいの節約にはなりますので頑張ってとりにいきましょう!

※代理の方が取りにいく場合は委任状が必要な場合があります。

スポンサーリンク