サンドウィッチマンの富澤さんはヤンキーだった?

スポンサーリンク

サンドウィッチマンとは?

 

グレープカンパニーという芸能事務所に所属するお笑いコンビ。

 

2007年のM1グランプリの王者です。 ※M1(M1のMはMANZAIの頭文字)グランプリは2001年から始まった、 漫才をコンテスト形式で進める大会です。

 

主に若手を主体とした大会で、優勝賞金はなんと1000万円! 出場メンバーも、タカアンドトシや笑い飯、おぎやはぎ、フットボールアワー、チュートリアルなど 名だたるメンバーが出場しています。

 

そんな中でグランプリを取ることが出来たサンドウィッチマンの実力がよくわかりますね! お互いに同じ仙台商業高等学校(現仙台市立仙台商業高等学校)に居たときに知り合ったそうです。

 

部活が一緒のラグビー部で友達になったんですね。

 

当時のラグビーといば、「スクールウォーズ」が定番です。

 

知っている人は世代がばれますね(笑)。

 

スクールウォーズの部員も荒れていて、やりたい放題のヤンキー集団でした。

 

そんなドラマに影響を受けたかどうかは分かりませんが、高校のラグビー部にヤンキーが多いのも事実でした。

 

サンドウィッチマンの冨澤さんとは?

 

サンドウィッチマンは二人組みのお笑いコンビです。

 

コンビのそれぞれの名前は伊達さんと冨澤さんです。

 

伊達さんは金髪のメガネの方。

 

冨澤さんは黒髪で目つきが悪い方です。

 

テレビに出演しても無口というか、あまり喋らないですね。 ポツリポツリたまに発言する一言が面白いのですが(笑)。

 

漫才の台本も冨澤さんが書いているとのことなので、やはり非常に頭が良いかたなんでしょうね。

 

サンドウィッチマンの冨澤さんはヤンキーだった?

 

サンドウィッチマンの冨澤さん、バットを持った卒業アルバムで有名ですね(笑)。

 

有吉弘行さんに「哀しきモンスター」とあだ名を付けられたりしていますが、 高校時代はやっぱりヤンキーだったようです。

 

伊達さんは真面目なタイプで、冨澤さんはヤンキーよりだったみたいですね。 今では見た目も芸風も全く逆なところが面白いですね。

スポンサーリンク

芸能

Posted by UG