バイクのキャブレター、インジェクションとは何?

 

自動車ではキャブレターの車種はあまり売られていないのでこういった用語が出てくることはないのですが、 バイクにFI(フューエルインジェクション)が導入されるようになったのは割と最近の話なので中古車でバイクを選ぶ際にキャブレターだのFIだの話題がでることがあります。

 

ざっくりと説明してみますので参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

キャブレターとはなに?

 

キャブレターというのはエンジンにガソリンを送り込む装置です。

 

ガソリンタンク — キャブレター — エンジン — マフラー

 

という感じに繋がっています。超ざっくりですが。

 

で、一体何をしている装置なのかというと、ガソリンタンクから流れてくる(負圧で吸いこむともいう) ガソリンをとても小さい隙間から霧状にしてエンジンへ流し込んであげています。

 

そして気化したガソリン(混合気)がエンジンに入って爆発するわけです。

 

ここでキャブレターは単純に決まった量を気化させているわけではありません。

 

霧状にしたガソリンと、一定量の空気を同時に吸い込んでエンジンへと送ります。

 

キャブレターには色々種類があるのですが、とりあえずポイントは、 ガソリンの流入量や空気(混合気)の流入量の調整が手動だというところです。

 

手動なので気温や湿度などである程度調整しないといけません。

 

大体一回決めてしまえばそこまで小まめな調整は必要ないですが・・・。

 

まぁオートチョークとか付いてますが、気温や湿度で結構変わったりしますので面倒ではありますね。

 

インジェクションとはなに?

 

インジェクションはFI(フューエルインジェクション:電子制御燃料噴射装置)と呼ばれる装置です。

 

キャブレターに代わって同じ位置に付いています。

 

こちらの装置もエンジンへガソリンと空気を混ぜて送り出す装置です。

 

キャブレター違い、混合気の噴出量を自動で制御してくれます。

 

温度や、湿度、スロットルの開度、回転数など色々な状況に合わせて適切な量へ調整してくれています。

 

いやぁ便利ですね。 インジェクションの良いころは何と言っても始動性の良さですね。

 

冬場はどうしても始動性が悪くなるバイクですが、インジェクションになってからかなり改善されています。

 

もちろん燃費も多少は良くなりますが、燃費を気にする場合は乗り方を注意するほうが圧倒的に効果的です。

 

キャブレターとインジェクションどちらがいいの?

 

あらゆる面でインジェクションが優位です。

 

ただし、インジェクションは調整をしなくて良いというメリットがありますが、 逆にいうと何も調整出来ないということになります。

 

キャブレターであれば、内部の部品を交換したり、改造したりと幅がありますがインジェクションでは そう簡単にはいきません。

 

そうはいっても、何もしなくてもバッテリーさえ替えれば放置していたバイクがすぐエンジンが掛かったりと、メンテンナンスフリーなインジェクションは大変有用なものだと思います。(制御している機械が壊れたら使い物になりませんが・・・)

 

中古車の購入を検討されている方はキャブレターなのかインジェクションなのかを確認してから購入するのもよい基準になるかと思います。

 

以上、参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク