原付のエンジンが掛からない!原因・解決方法は?①

毎日通勤、通学で使っているとどうしても調子が悪くなることがありますね。

よくあるトラブルですが不調の原因にはどんなものがあるでしょうか?

また、そんなトラブルにあったとき、どう対処すればよいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

原付のエンジンが掛からない原因はどんなものがある?

 

原付のエンジンが掛からなくなることは割とあります。

まず、エンジンが掛からない時はどんな症状なのか確認して対処する必要があります。

①セルを押すとキュルキュル音がするがエンジンが掛からない。

②セルを押しても何も反応しない。

③バッテリーが上がっている為キックでエンジンを掛けていたが掛からなくなった。

こんなところでしょうか。 まず

 

①セル押すとキュルキュル音がするがエンジンが掛からない。

 

セルが回っているので、バッテリーのトラブルではありません。

 

ただ、キュルキュル音がしても回りが弱いような場合はバッテリーの電力不足の場合はあります。

 

FI(フューエルインジェクション)の場合はFIランプが点滅などしていないか確認しましょう。

 

前提として普段から使用している原付(1週間に1回以上)として話を進めます。

 

確認その1:ガソリンが入っているか確認してみる

 

 

ガソリンが入っているか確認しましょう。

 

メーター類のところのメモリだけではなく 実際にガソリンタンクのキャップを空けて中を覗いてみましょう。

 

暗くて見えない場合は少しバイクをゆすってみて音を聞いてみましょう。

 

チャプチャプと音がすればOKです。

 

確認その2:自分のエンジンの掛け方を確認してみる

 

普段セルを回しているときにスロットルをどのくらい開けているか確認しましょう。

 

通常スロットルは全閉(回さない)でセルを回したほうがよいです。

 

よくありがちなのが、スロットルを全開でセルを回すケースです。

 

よっぽど古いバイクで無い限り全開にすると掛かりづらくなります。

 

スロットルを全閉で回してもエンジンが掛からない場合、 スロットルを4分の1程度開けながらセルを回すと掛かる場合があります。

 

確認その3:プラグを確認してみる

 

この確認はある程度慣れている方向けです。

 

プラグキャップを外し、プラグを抜いて状態を確認します。

 

プラグの先端部分などに燃えカスが溜まっているか、焼けすぎて溶けたりしていないかなどを確認しますが よくわからない場合は交換したほうが早いです。

 

交換時期は大体5000kmくらいを見ればいいと思います。

 

もちろん状態によりますが・・・。

 

古いバイクの場合や、中古車の場合はプラグキャップやプラグコード自体がダメな場合があります。

 

火花を見ればわかるのですが特殊な方法なので割愛します。

 

確認その4:キックしてみる

 

4サイクルの場合、カーボン(燃えカス)がバルブに詰まって圧縮がなくなり、 エンジンが掛からなくなることがあります。

 

俗に『カーボン噛み』と言われる症状ですが、結構頻繁に起こります。

 

この状態になってしまった場合、バルブに詰まったカーボンがぽろっと取れてくれると エンジンが掛かるようになる場合があります。

 

キックを連続で何度も行っているとこの詰まったカーボンが取れることがあります。

 

基本的にカーボンが挟まるとキックが通常より軽くなるので何となく分かるのですが 普段全くキックを使わないとわからないかもしれません・・・。

 

根本的な解決にはエンジンの分解が必要ですが、軽度な場合は溶剤などをガソリンと一緒に入れて少しずつカーボンを溶かすこともできます。

 

もちろんエンジンが掛かってからですが・・・。

 

とりあえず、セルが回ってもエンジンが掛からない時の確認点はこんなところでしょうか。

 

こちらの記事も是非確認して下さい。

②セルを押しても何も反応しない。

③バッテリーが上がっている為キックでエンジンを掛けていたが掛からなくなった。

 

エンジンが掛からなかった時は参考にしてみてください。

スポンサーリンク