2017年9月の祝日はいつ?何の日?由来は?

2017年9月18日

 

2017年の9月の祝日は何日あるでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

2017年9月の祝日は何日?何の日がある?

 

2017年9月カレンダー

 

2017年9月のカレンダー

 

 

2017年9月の祝日は9月18日(月)敬老の日(けいろうのひ)、9月23日(土)秋分の日(しゅうぶんのひ)の2日です。

 

9月は16、17、18日の3連休ですね。

 

残念ながら秋分の日となった9月23日は土曜日でした。

 

 

9月18日の「敬老の日」は何の日?祝日となった経緯など

 

「敬老の日」は現在では9月の第3月曜日と固定されています。

 

確実に祝日になる日ですね。

 

以前までは曜日の固定ではなく9月15日の日付固定でした。

 

それがハッピーマンデー制度により2003年から9月の第3月曜日となりました。

 

「敬老の日」が出来た経緯は、1947年に当時35歳という若さで兵庫県多可郡野間谷村(ひょうごけんたかぐんのまだちむら)現在の多可郡多可町(たかちょう)の村長に当選した

門脇政夫(かどわきまさお) さんが、 「年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と敬老会を開いたのが始まりだそうです。

 

そこから村独自の祝日として「としよりの日」を作ろうということで始まった運動が広がり、最初に兵庫県が1950年に9月15日を「としよりの日」と定めました。

 

その後、1966年に国民の祝日に関する法律の改正により「敬老の日」として正式に祝日となり名前が変更されました。

8月の祝日の「山の日」について調べてみましたが、意外と祝日は「祝日を作ろう!」という運動から始まっていることが多いのに驚きますね。

 

天皇誕生日などのように、国全体でお祝いをするという趣旨で国が決めているものばかりかと思っていました。

 

9月の祝日は他に「秋分の日」がありますね。

 

こちらも面白い祝日の決め方をしているのでご紹介します。

 

9月23日の「秋分の日」は何の日?

 

残念ながら2017年の9月23日は土曜日になってしまいました。

 

日付が決まっている祝日だと、こうなること(土曜日に該当すること)が多いので、土曜日に該当しても振替休日を作って欲しいものです。

 

さて、「2017年は」9月23日が「秋分の日」でしたが、「秋分の日」は9月23日固定ではないことをご存知でしょうか。

 

そもそも、「秋分の日」の「秋分」は何のことでしょうか。

 

この「秋分」は「春分」と同様に「昼の時間と夜の時間がほぼ等しくなる瞬間」のことです。

 

英語ではautumnal(秋の) equinox(春分もしくは秋分)と書きますが、このequinoxの語源がラテン語で「equi(等しい)」+「nox(夜)」となっており面白い表現をしていますね。

 

この「秋分」の起こる日のことを「秋分日」と呼んでいます。

 

関係ありませんが、オンラインゲームのwarflame(ウォーフレーム)でもequinoxというキャラクターが存在します。

 

このゲームのequinoxは、「陰陽」をモチーフとして「中性的」なキャラクターで、陰・陽を切り替えて戦う、なかなかに面白いフレームとなっています(結構使い方が難しいです)。

 

話は戻って、なぜ「秋分の日」は9月23日固定ではないのかというところですが、「秋分の日」は上述した「秋分日」を秋分の日として定めているためです。

 

「秋分日」、実は22日~24日までの3日間で変動します。

 

秋分の「ほぼ等しくなる瞬間」とは定気法でいう「秋分点」を太陽が通過した瞬間になります。

 

秋分点とは惑星軌道上のあるポイントのことで、このポイントを閏年などがあるグレゴリオ暦の毎年毎年同じ日には通らないというのが変動してしまう理由です。

 

また、「秋分の日」を祝日にしている国というのも相当に珍しいそうです。

 

天文計算上、2年先までしか日付を確定することができないらしいのですが、現在の見積もりでは2044が9月22日になるそうでそれまでは9月23日が「秋分の日」となるそうです。

スポンサーリンク