長谷川博己 ドラマ nhk 出演作品は?評価は?

2017年9月5日

ドラマ、映画、CMと様々な場所で活躍する長谷川博己さんですが、NHK系列作品への出演作が多いですね。長谷川博己さんが出演するNHKドラマは何があるでしょうか?また、評価はどのようなものでしょうか?

スポンサーリンク

長谷川博己さんが出演するドラマNHK出演作品は?

七瀬ふたたび(2008年、NHK) – 武田雄司 役

長谷川博己さんが出演した七瀬ふたたびは筒井康隆さん原作のテレビドラマで、主演が蓮佛美沙子さん(田中(火田)七瀬役)。全10話で構成されています。

「NHKドラマ8」で放送され、放送開始は2008年10月9日。このドラマは各話毎にゲストが登場しますが、長谷川博己さんは武田雄司役で登場します。

セカンドバージン(2010年10月 – 12月、NHK) – 鈴木行 役

2010年10月12日から12月14日まで全10回で放送されたドラマです。鈴木京香さん、深田恭子さん、長谷川博己さんのドロドロとした三角関係にNHKらしくないドラマとして反響を呼びました。

ドラマ版は反響を呼びヒットしましたが、映画版は・・・。少々残念な結果になりました。

八重の桜(2013年1月 – 12月、NHK) – 川崎尚之助 役

東日本大震災を受けて、NHK内部で東北復興を支援すべきだとして立ち上がった企画。福島県出身で同志社英学校(後の同志社大学)を興した新島襄(にいじまじょう)の妻である八重の生涯を描いたドラマ。

長谷川博己さんが演じるのは川崎尚之助(かわさき しょうのすけ)。川崎尚之助は八重の最初の夫で、複雑な事情により八重と離縁します。

 

夏目漱石の妻(2016年9月24日 – 10月15日、NHK) – 夏目金之助(漱石) 役

スーパープレミアム『獄門島』(2016年11月19日、NHK BSプレミアム) – 主演・金田一耕助 役

夏目漱石の妻と獄門島はこちらの記事で簡単にまとめています

長谷川博己さんが出演するドラマNHK出演作品の評価は?

 

七瀬ふたたび

七瀬ふたたびの平均視聴率は5.9%と少々低いですが、ネットでは比較的好評でした。蓮佛美沙子さんの熱演も高評価です。ただ、ラストが少々しりすぼみした感があったのが残念でしたね・・・。蓮佛さんがかわいいです。そして心の声が結構怖いです(汗)

 

セカンドバージン

セカンドバージンの平均視聴率は8.6%。最終回は11.5%となかなかの視聴率でした。ドロドロの三角関係が主に女性にうけたようで、男性からの評価はそれほど高くはないようです。こちらも最終回が少々残念な感じになってしまったという評価が多いですね。長谷川博己さんの知名度が低かったというのもあって役者不足を感じる人もいたようです。

八重の桜

平均視聴率 14.6%。評価は非常に高いです。ネットではこんな声がありました。

・主人公の土埃に塗れながらの体当たりの演技が素晴らしい。
・危惧していた媚びるような女性の社会進出という主張が、ほとんど描かれていなかった点も高評価。
・戦の悲哀、激動の時代に翻弄されながらも無我夢中で生きる人々、辛酸を舐めながらも生き延びようとする力強さ、男たちの夢と気骨、家族愛、風土愛、半士半農の泥臭さなどが余すところなく描かれていて見応えが有った。

・理想でかためられた綺麗なだけの人間より、現実の人間が描かれていた本作のようなドラマのほうがすき。

・時々何回も見直したくなる大河が何年かに1本あるんですが、間違いなく八重の桜はその1本です。画面の質感とか役者の真剣さに驚かされます。

などなど、役者の演技ももちろんですが、脚本など丁寧に作られてるところなどが高評価に繋がっているようですね。

八重の桜はこちらから見れます!

 

夏目漱石の妻

スーパープレミアム『獄門島』

夏目漱石の妻と獄門島はこちらの記事で簡単にまとめています 。

まとめ・感想

長谷川博己さんがNHKで出演したドラマは5本(確認した限り)ですが、最初の頃の出演作品の「七瀬ふたたび」などは知名度が低かったせいもあり、ちょい役だけですが「セカンドバージン」で名前が売れてからは主要な役を演じるようになり、評価も上がってきましたね!

夏目漱石の妻などは、はまり役と言われるぐらい評価が高かったですし、是非見て頂きたい作品です!

スポンサーリンク

長谷川博己

Posted by UG