【キハチ流無国籍料理】熊谷喜八ってどんな人?きょうの料理NHKEテレ

10月25日(水)放送のNHKEテレでは料理界に革命を起こした熊谷喜八さんが出演されます。熊谷喜八さんが革命を起こしたというキハチ流無国籍料理とはどんな料理なのか、熊谷喜八さんとは一体どんな人なのでしょうか?

スポンサーリンク

【キハチ流無国籍料理】熊谷喜八ってどんな人?

熊谷喜八(くまがいきはち)さんはKIHACHIの創業者。1946年東京生まれ。1969年より、セネガル、モロッコ日本大使館料理長を歴任。1975年帰国後、高樹町「シルバースプーン」料理長を務め、1977年より葉山「ラ・マーレ・ド・チャヤ」の総料理長を務める。1987年、KIHACHIをオープン。

【キハチ流無国籍料理】熊谷喜八ってどんな人?キハチ流無国籍料理ってどんな料理?

キハチ流無国籍料理とは?
ジャンルや素材にとらわれることなく、吟味した素材のおいしさを最大限に引き出すベストな方法を選ぶ。そのが発想の自由さこそがKIHACHI流です。「素材」「コミュニケーション」「ホスピタリティ」「オリジナリティ」という4つの価値をいつも大切にしてきました。

レストランキハチのこだわり
素材を活かすこと。料理人が自ら生産地に赴き、実際の素材の旬や状態を確かめ、一番おいしく料理する方法を考えシンプルに調理する。

オープンキッチンで料理を作る過程やお客とのコミュニケーションを楽しんでもらう。

キハチ流無国籍料理はフレンチベースの料理ではあるものの、それにとらわれないアイデアや遊び心を活かせるようにジャンルを超えた料理を提供する。

スポンサーリンク

NHK

Posted by ugblog