橋詰一輝天才キッズ和食料理対決!橋詰一輝ってどんな子?

料理の天才キッズと呼ばれる橋詰一輝(はしづめかずき)君をご存知ですか?10月30日放送の天才キッズ全員集合では橋詰一輝君と道場六三郎の愛弟子が秋の味覚を駆使した和食対決を行います。

天才と呼ばれる橋詰一輝(はしづめかずき)君てどんな子なんでしょうか?

スポンサーリンク

橋詰一輝天才キッズ和食料理対決!橋詰一輝ってどんな子?

天才料理キッズと呼ばれる橋詰一輝君ですが、テレビで取り上げられたのは日テレ「得する人存する人」で「ちびえもん」として登場したときでしょうか?

当時は小学5年生の11歳。将来の目標はプロの料理人。出身は埼玉県富士見市。番組で作った料理は「そうめんとゼラチンを組み合わせたひとクチそうめん」。とっても美味しそうです。

引用:http://www.ntv.co.jp/tokuson/oa/20160818.html

引用:http://www.ntv.co.jp/tokuson/oa/20160818.html

この柔軟な発想が素晴らしいですね。ゼラチンとそうめんの発想も面白いですし、たこ焼き器を使っているところも面白いです。そして彩よく美味しそう。

スポンサーリンク



橋詰一輝天才キッズ和食料理対決!コンクール各種賞など

JAいるま野こども料理コンクール

引用:http://www.ja-irumano.or.jp/kids_cooking/2014/index.html

橋詰一輝君は色々な料理コンクールで賞を受賞しています。例えば、JAいるま野こども料理コンクールなどでは『れんこん入りつくねの白菜巻』を作って最優秀賞に選ばれています。(当時小学3年生)
審査員長の女子栄養大学石田裕美教授からも包丁技術や食材の活かし方などが上手だと評価されています。この料理も美味しそうですね!

引用:http://www.ja-irumano.or.jp/kids_cooking/2014/index.html

レシピはこちら引用:https://www.ja-irumano.or.jp/magazine/h26/201404.pdf

スポンサーリンク



 

ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト


服部 幸應(はっとり ゆきお)先生が理事長を務める服部栄養専門学校で開催される「ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト」では1年生から6年生までの小学生を対象とした料理コンテストを毎年開催しています。この大会の第21回に橋詰一輝君が参加しています。

毎回コンテストにはテーマが決まっていて「第 21 回ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト」のテーマは「目覚めすっきり 頭の良くなる朝ごはん」でした。残念ながら準優勝でしたが素晴らしい結果ですね。(当時小学5年生)

橋詰一輝君の料理で「パワー海苔巻」、「サバじゃが」(煮物)、「小学生しんじょ」などアイデアいっぱいのレシピだそうです!

ちなみに「第 20 回ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト」では技術賞を受賞しています!(当時小学4年生)

 

橋詰一輝ってどんな子?まとめ・感想

本当に小さいころから色々な大会に出場して賞を受賞していますね!日頃から家庭でお手伝いをしながら腕を磨いているのですね。

小学4年生ながら技術賞をとるということはその頃から包丁の扱いも上手だったようです。

目標は料理人ということでしが、この様子だとすぐに達成できそうですね!

本物の料理人との対決にも注目です!

スポンサーリンク