友人同士が近くに暮らす【友達近居】とは?所さん!大変ですよ

11月2日放送のNHK「所さん!大変ですよ」では友人同士が近くに暮らす【友達近居】について紹介しています。

一人身になった高齢者が仲の良い友達と近くに住む【友達近居】。シェアハウスとは仕組みが違いますが、いったいどういうものなのでしょうか?所さん!大変ですよ11月2日NHK

スポンサーリンク

【友達近居】とはどんなもの?

友達近居は一つ屋根の下で部屋を分け合うのではなく、例えば介護サービスがついた集合住宅で別々の部屋に住むというもの。

介護サービスがついているとはいえ身の回りの世話は自分でしなければなりませんので健康なことが条件ですね。そして金銭的にゆとりがないと出来ないことだと思います。

もちろん世帯ごとに部屋が別々なのでプライベートは確保されています。それにおなじ集合住宅内なのですぐにあうことができるというもの。

スポンサーリンク

【友達近居】とはどんなもの?介護サービスがついた集合住宅費用は?

介護サービスがついた集合住宅というものは基本的に賃貸形式での契約になります。

一般の住宅と同じような契約になりまうすが概ね以下の通り。

■入居時費用(敷金) の目安:0~数百万円 (家賃の2~4か月程度が主流)
■月額利用料 の目安:8~20万円

と、かなり高額なことがわかります。但し、用意される施設にも条件があり

①バリアフリー構造であること
②各専用部分の床面積が原則25㎡以上であること(共用部がある場合は18㎡に緩和)
③安否確認(見守り)、生活相談サービスを提供すること

といった基準があります。

ただし、介護サービスや医療サービス、食事サービスなどは別途契約になるのでここからさらに費用が掛かります。

健康なうちに入居して、徐々に介護サービスなどが必要になった場合引っ越しなどもせずそのままサービスを受けることができるなどのメリットがあり余裕のある高齢者には人気のサービスですね。

スポンサーリンク

【友達近居】とはどんなもの?まとめ・感想

シェアハウスに比べると少々割高になりますが、やすいとこであれば7,8万円で最低25㎡の個室に住めますので年金で賄える高齢者にはいいかも知れません。

食事サービスも一月5万円程で提供されるところもありますので、いざというときのことを考えて介護サービス付きの住宅に住み、気の合う友人と一緒にすごすのは楽しい余生の過ごし方かもしれませんね。

スポンサーリンク

NHK, 友達近居

Posted by ugblog