沖ノ島世界遺産登録地図は?国宝だらけ?ヒストリア

世界遺産に登録された「沖ノ島」。絶海の孤島と言われる沖ノ島が世界遺産に登録された理由は?また、沖ノ島の地図は?沖ノ島に眠っていたお宝は国宝だらけだった!?NHK歴史秘話ヒストリアでは国宝が眠る世界遺産「沖ノ島」を特集!11/3

スポンサーリンク

世界遺産登録「沖ノ島」とは?

2017年ユネスコにより世界遺産に登録された沖ノ島は現在一般人に上陸は禁止されており、上陸できるのは研究員などの一部の人だけになっています。

島内には宗像大社沖津宮社殿があり田心姫神(たごりひめのかみ)が祀られています。福岡県宗像市にある宗像大社辺津宮から神職が10日交代で常時滞在しています。

引用:http://www.munakata-taisha.or.jp/html/sangu_syosai.html

田心姫神(たごりひめのかみ)とは?

アマテラスとスサノオの誓約により誕生した「宗像三女神」の一柱で『古事記』では多紀理毘売命、『日本書紀』では田心姫(たごりひめ)・田霧姫と表記される。別名奥津島比売命(おきつしまひめ)。

宗像三女神(むなかたさんじょしん)は、宗像大社(福岡県宗像市)を総本宮として、日本全国各地に祀られている三柱の女神の総称である。

記紀に於いてアマテラスとスサノオの誓約で生まれた女神らで宗像大神(むなかたのおおかみ)、道主貴(みちぬしのむち)とも呼ばれ、あらゆる『 道 』の最高神として航海の安全や交通安全などを祈願する神様として崇敬を集めている。
引用:wiki

また、昔から沖ノ島では「女人禁制」、上陸前に「裸で禊(みそぎ)」をするといった風習が今もなお厳重に守られています。

世界遺産「沖ノ島」地図は?



沖ノ島の場所は福岡県の北西、玄界灘の中央にあります。住所は福岡県宗像市大島沖ノ島。対馬市からおよそ75km東に位置します。

大島からみれる距離にあり、それほど遠い場所ではないですね。

スポンサーリンク

世界遺産「沖ノ島」国宝だらけ?

沖ノ島では戦後の学術調査で8万点もの奉納品が出土し全て国宝に指定されました。

さらにはこの「出土した」といわれる出土品は発掘調査ではなく「拾い集めた」ものだけというから驚きですね。

これから発掘作業が開始されたら出土するものの数はどれだけ増えるか想像もできません。

2017年の1月には九州国立博物館にて出土した国宝を展示する特別展が開かれました。

引用:http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s46.html

引用:http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s46.html

引用:http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s46.html

いずれも1200~1500年以上昔の品々ですが、非常に美しいですね。

スポンサーリンク

世界遺産「沖ノ島」まとめ・感想

1500年近く手つかずの状態で残る沖ノ島。世界遺産に認定されたことで保護されるのは本当に喜ばしいことです。

これからもしっかりと不法上陸などないように監視体制などを強化して頂きたいところです。

スポンサーリンク