この差って何ですか?テストステロン100歳長寿の秘密TBS9月19日

2017年9月20日

9月19日放送のTBSこの差ってなんですか?では長寿の秘訣について特集しています!100歳を超えても元気でいられる秘訣とは何なのか?秘密を探ります!

スポンサーリンク

1日の平均睡眠時間は10時間ごえ?

あなたは1日何時間睡眠をとりますか?ご長寿アンケートではもっとも多かった睡眠時間はなんと10時間!?

そこで注目されるのが睡眠時間が長いときに分泌されるスーパーホルモン『テストステロン』

スーパーホルモン『テストステロン』とは?

スーパーホルモン『テストステロン』は怪獣の名前ではありません・・・。

テストステロンとは男性ホルモンのことで、『生殖機能』、『抗糖尿病』、『抗肥満作用』、『血管リスク低減』、『寿命延長作用』などなどの効果があるといわれています!

その他にも、決断力や判断力などが向上するというデータもあるそうです!

睡眠以外でも『テストステロン』を増やすことが可能です!その方法とは・・・。

『テストステロン』を増やす方法とは?

1.適正体重を保つ

太りすぎな人は『テストステロン』の生成量が少ないそうです。適正な体重を保てるように調整しましょう!痩せすぎもNG!

 

2.筋トレなど

短時間での激しい運動で『テストステロン』が増えます。脱水に注意!適度な運動でもOK!

 

3.亜鉛の摂取

サプリメントなどで亜鉛を摂取することで『テストステロン』が増えるそうです

その他、アミノ酸、ビタミンD、コレステロール(卵などが有効)などの栄養素も『テストステロン』の低下防止や増加効果をもたらすそうです。

スポンサーリンク




 

『テストステロン』が減ってしまう理由や要素は何?

 

『テストステロン』を減らさない為に気をつけたいことはこれ!

1.砂糖や炭水化物など、糖質の摂取

インスリンが分泌することによって『テストステロン』の分泌量が減ってしまいます。糖質の摂りすぎに注意しましょう!

2.アルコール・タバコの摂取

アルコールやタバコの摂取は『テストステロン』の生成量を減少させます。

 

まとめ・感想

『テストステロン』が増加すると、筋肉が付きやすくなったり、やる気が出たり、新陳代謝がよくなり若々しく、エネルギッシュになります!100歳を過ぎても健康な方々は良質な睡眠、健康的な食事、適度な運動などなどあたりまえのことをやっているからでしょうね!

そんなことできないよ!という人はどれかひとつでも気を付ければよいのではないでしょうか!例えば、糖質を少し減らして、タンパク質(卵など)を多めにとるようにするとか、亜鉛サプリを呑むようにしてみるとか。

ひとつでも気をつければ太り気味の人はきっと体重も落ちますし、好循環になるのではないでしょうか!?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

日記

Posted by ugblog